ステラオールインワンクレンジングゲル口コミ!美肌菌を増やす効果とは

 

毎日、お風呂に入り、お肌を清潔することに心掛けていても、ヒトの皮膚には、「皮膚常在菌」と呼ばれるたくさんの「菌」が棲んでいます。その数は、とても多く、顔だけで10憶個、皮膚全体では、約1兆個と言われています。

 

 

しかし、その皮膚常在菌には、お肌に良い作用をもたらす「善玉菌」と呼ばれる菌と悪い作用をもたらす「悪玉菌」の2つの種類があると言われています。そのバランスを上手く整えて「肌フローラ」を正常に保つことがお肌を乾燥から守り、若々しい美肌を維持するためには、大切と考えられています。

 

 

その皮膚常在菌は、美肌を維持する為に必要な菌であるため、「美肌菌」とも呼ばれています。その美肌菌のバランスはどのような事で崩れてしまうのでしょう。美肌菌を維持する為に必要なことは何でしょう。ステラクレンジングオールインワンゲルは、使うほど美肌菌を維持することが可能だと言われているのはどうしてなのでしょう。それらについてまとめてみました。

ステラオールインワンクレンジングゲル口コミ!皮脂膜と美肌菌の関係が重要

 

肌トラブルが少なく、乾燥や外部刺激に悩むことがないお肌というのは、肌トラブルが多く外部刺激に弱いお肌に比べるとバリア機能の強さが全然違う状態だと言われています。お肌のバリア機能が優れている状態では、外部からの刺激を受けにくく、お肌が乾燥したり、肌荒れを起こしたりすることがありません。

 

 

そのようなバリア機能の強い肌を維持することができれば、紫外線からの影響にも強く、肌老化への速度も緩やかに進んでいくのでその分だけ若々しい肌を維持することが可能になります。

 

 

では、お肌のバリア機能を強くし、維持するためには、何が必要なのでしょう。バリア機能を高めるために大切なことは、ターンオーバーを正常にし肌表面に存在する美肌菌のバランスを整える事が大切なのです。

 

 

実は、お肌のバリア機能と言うのは、皮脂膜によって保たれています。皮脂膜がなくなるとお肌は、外部からの刺激を防ぐことができなくなり、肌トラブルが生じやすくなります。肌の保湿力も低下し、乾燥しやすくなります。

 

 

肌表面にある皮脂膜と言うのは、美肌菌が生み出してくれているものなのです。皮脂膜は、皮膚の表面を覆っている油膜で天然の保湿クリームと言われています。皮脂膜の主成分は、脂肪酸系脂質です。その次に多いのは炭化水素系脂質です。

 

 

皮脂膜には、美肌菌が棲息し、スキンバリアとして外部からの異物、雑菌、紫外線などの刺激や攻撃から守ってくれています。皮脂は、皮脂腺から1日1〜3gが皮膚表面に分泌され、美肌菌(アクネ菌など)の作用を受けます。このアクネ菌の皮脂に対する作用は、皮脂がスキンケアとして役割を果たす為に不可欠な作用なのです。

 

 

アクネ菌が皮脂を酸性化しバリア機能が高まる

 

皮脂腺から分泌される皮脂は、脂肪を主成分とする脂質混合物です。その性質は、中性です。しかし、アクネ菌の働きによって脂肪酸に産生され、弱酸性になります。有害な雑菌やウィルスなどは、酸性を嫌いますので、脂肪酸酸性の皮脂膜は、有力なバリアとして作用してくれます。

 

 

アクネ菌の作用で皮脂が両親媒性分子の変化で保湿力が強化する

 

皮脂腺から分泌される皮脂は、水に溶けにくい脂質混合物です。しかし、アクネ菌の作用によって親水基と疎水基を有する両親媒性分子に変化します。分子種と構造の整った皮脂膜は、表皮細胞のターンオーバーを整えて皮膚をしなやかにする結果、体の内部から角質層の潤いを助長します。

 

 

このように皮膚本来の皮脂代謝に基づいて形成される正常な皮脂膜形成には、アクネ菌だけでなく有害な菌が皮膚に侵入するのを防いでくれる表皮ブドウ球菌など約200種、1兆個の皮膚常在菌が共生して皮膚フローラを形成しているのです。このことから、美肌を維持するためには、皮脂膜と美肌菌の関係が欠かせないということが解りますね。

ステラオールインワンクレンジングゲル口コミ!美肌菌が減少してしまうスキンケアとは

 

お肌のバリア機能を高めるために美肌菌の存在は欠かせないものです。その美肌菌には、善玉菌と悪玉菌が存在するのですが、その善玉菌と悪玉菌のバランスの良い状態が美肌を維持するためには必要と言われています。

 

 

美肌の維持に大切な「肌フローラ」と言うのは、肌の善玉菌である「表皮ブドウ球菌」が優位である状態を作り、それを維持することが大切と言われています。それほど大切な美肌菌を減らしてしまう原因となるのが「洗顔料による洗顔」と言われています。

 

 

洗顔料による洗顔は、汚れやアカだけでなく、皮脂や美肌菌も洗い流してしまうことがあると言われています。お肌の善玉菌は、「弱酸性」の肌を好みます。皮脂は、善玉菌が酸を生み出し、肌を弱酸性に保つための原材料となっているので、洗顔で皮脂は減りすぎてしまうと肌を弱酸性に保つことができず、悪玉菌が好む「アルカリ性」の肌へと傾いてしまうことになります。

 

 

それによって、美肌菌のバランスが崩れ、お肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激も受けやすくなり、お肌が乾燥したり、肌荒れを引き起こし、お肌のハリ・弾力を失う原因となってしまいます。毎日の洗顔には、美肌菌のバランスを整えてくれるようなアイテムを選んで使うことが美肌維持には、重要であると言えます。

ステラオールインワンクレンジングゲルは美肌菌のバランスを整える

 

そこで、最近注目されているのが1本で、クレンジング、洗顔、マッサージ、パックの4つの機能を兼ねたステラ漢方から販売されているオールインワンクレンジングゲルです。1本で4つの機能を兼ねていることからそれだけで、肌へ触れる機会が減り、肌に刺激を与えることが少なくなります。

 

 

また、洗浄成分は、ステラ漢方ならではの天然植物由来のものを利用しているので、洗浄自体が肌に優しく汚れを洗い落としてくれます。また、美肌菌をサポートしてバランスの良いお肌を維持する目的として以下の3種類の成分が配合されています。

 

 

ハベルレアロドペンシス葉エキス

 

ハベルレアロドペンシス葉エキスは、復活草と呼ばれ、完全に枯れた状態でも少しの水分でも復活する強い生命力を持っている植物です。潤いの層を作る事で水分を逃げるのを防ぎ、潤いに満ちたハリのある肌へ導きます。

 

 

ハベルレアロドペンシス葉エキスは、美しい美肌の鍵は、「美肌菌」であることにいち早く着目したクリスチャン・ディオールのコスメブランドである「ディオールライフ」にも採用せれているエキスでもあります。最近では、美肌菌を整える為のコスメが様々なブランドで開発されている様です。

 

 

バチルス発酵物

 

バチルス発酵物は、バイオテクノロジーがつくり出した特殊成分と言われています。皮膚上の死んだ細胞のみを取り除き、皮膚表面をなめらかにし、細胞の再生を促進する酵素作用を持っている成分です。酵素(プロテアーゼ)の働きでタンパク質を分化することにより、皮膚に大きな負担をかけることなく角質を取り除いてくれます。

 

 

 

 

 

マカデミア種子油

 

世界でも有名なハワイ産マカデミア種子油を使用しています。人間の皮脂に含まれるパルミトレイン酸、オレイン酸が豊富に含まれています。年齢とともに減少する成分なので、美肌菌作用を受けるための大切な皮脂膜の原料にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

ステラオールインワンクレンジングゲルには、エイジングケアに効果的な成分が豊富に使われていますが、美肌菌をサポートをする成分として主に挙げるとしたら上記3種類です。お肌に刺激になる成分は使われていないのでお肌が敏感に作用する方にも使用可能なクレンジングゲルだと思います。

 

 

今まで、ゴシゴシ洗顔を続けて、お肌の乾燥に悩まされていた方は、この機会にクレンジング、洗顔の見直しをすることをおすすめします。美肌菌のバランスが整い、自ら潤うお肌の体験を可能にしてくれるのがステラオールインワンクレンジングゲルです。

 

関連ページ

ステラオールインワンクレンジングゲル口コミ!時短ケアで美肌菌効果実感
クレンジングという一つのアイテムで4役の機能を持つという化粧品アイテムの紹介です。クレンジングするだけで美肌に大切と言われる美肌菌を育て肌リズムを整えてくれるという優れた化粧品です。そのステラオールインワンクレンジングの口コミを中心に時短でスキンケアができる効果についてお伝えしています。